ファクタリングなどを活用して資金の流れを円滑にする

よく考えて利用する

通貨

銀行のカードローンは、消費者金融と比較して低い金利でお金を借りることができます。借金は無計画で行うと破産してしまう場合もあるので、内容や返済計画などをしっかりと考えることがとても重要です。

詳細へ

流動性を円滑にする

貯金箱

企業経営で一番大切なことはキャッシュフローを滞りなく行うことです。お金を投資して商品に価値をつけ、それを営業活動を通して販売し、投下資金を回収します。商品を販売することは、商品を相手に渡し、現金を受け取ることで成立します。しかし、現在では経済活動の実態を会計により反映させるために、売掛金などの債権を受け取ることも販売を成立させる手段として認められています。商品や買掛金の支払いのために、現金が必要な時に手元にない場合、この売掛金などの債権を売却して、支払資金を調達するファクタリングというサービスがあります。売掛金などの債権は、実際にはまだ手元に現金が届いていません。しかし、会計上は、売り上げとして計上されているため、この売掛金な回収が遅れてしまった場合、これが原因で自社の支払いができずにキャッシュフローが滞ってしまい、黒字倒産が起きてしまうことがあります。ファクタリングは、このような状況を避けるために有効な手段です。とくに、中小企業の経営にとって、キャッシュフローの問題は非常に悩ましい問題です。銀行などの金融機関に融資を断られた、売掛金の支払いが遅れがち、メインバンクや取引先にあまり知らせない様に資金を調達したいといった場合には、ファクタリングを検討すると良いでしょう。経済情勢の厳しい昨今は、資金調達はとても重要な経営判断事項です。経営者は、その判断の責任を取らなければならず、一人で悩んでしまうことも多いでしょう。ファクタリングという手段もあるという事を頭に入れて、一度相談してみると良いでしょう。

お金に困ったら

お金

生活するうえでの理想は収入の範囲で出費を抑えることですが、時にはうまくいかない事もあります。そんな時のために、クレジットカードのキャッシングサービスが存在します。

詳細へ

まとまった資金調達が可能

一軒家

企業の経営や資産運用などで大口のお金が必要な時には、不動産担保ローンの活用を考えると良いでしょう。不動産という価値のあるものを担保にするため、債権者の信用度合いが高く、まとまった資金調達が可能になります。

詳細へ